【日本のファッション雑誌ランキング発表】ファッション誌シェア3割超!12年連続No.1!

トップ10に7誌ランクイン! リンネル1位、『大人のおしゃれ手帖』初のトップ5入り

一般社団法人日本ABC協会より、2021年下半期(7~12月)の雑誌販売部数が2022年5月20日(金)に発表されました。同協会に参加する月刊男性・女性ファッション雑誌の販売部数において、宝島社が発行するリンネル(月間平均販売部数※1132,815部)が1位となりました。

トップ10内には宝島社のファッション誌が7誌入り、2位『sweet(スウィート)』(118,594部)、4位『otona MUSE(オトナミューズ)』(103,708部)、5位は初のトップ5入りとなる『大人のおしゃれ手帖』(101,512部)、6位『GLOW(グロー)』(98,154部)、7位『InRed(インレッド)』(84,229部)、10位『mini(ミニ)』(78,914部)となっています。ファッション誌の市場占有率は37%となり、12年連続でトップシェアを獲得しました。※2

初のTOP5入り!「大人のおしゃれ手帖」とは

2014年3月創刊。コンセプトは“50代女性の日常のおしゃれと暮らしを素敵にする”大人のライフスタイル誌。生活感度が高い層がターゲット。ラグジュアリー誌やコンサバ誌、実用系主婦誌とは違い、生活全般をどのようにおしゃれで心地よく快適にすることができるか、という読者ニーズに応えています。ファッションは、毎日のおしゃれが楽しくなることを提案。また、「更年期」による心身の変化に対処するための情報や商品も積極的に紹介しています。ファッション、健康、美容、更年期など、あらゆる50代女性の悩みに寄り添い、ともに歩んでいく雑誌です。


また、モノ雑誌『MonoMax(モノマックス)』(105,621部)が伸長率121%、美容誌『& ROSY(アンドロージー)』(58,890部)が伸長率186%と好調を維持しています。※3

宝島社は、2010年以降に『リンネル』『GLOW』『otona MUSE』『大人のおしゃれ手帖』『& ROSY』『MonoMaster(モノマスター)』『素敵なあの人』の7誌を創刊。今後も雑誌出版のリーディングカンパニーとして、業界を盛り上げていくことに尽力してまいります。また、2021年12月には男女ファッション誌13誌合同のフェムテック啓発プロジェクト「もっと話そう! Hello Femtech(ハローフェムテック)」を始動。10~60代の幅広い世代に対して女性誌および男性誌を発行する強みを生かし、世代・性別の垣根を越えて情報を発信することで、女性の健康を取り巻く価値観のアップデートを目指してまいります。今後も宝島社の活動にご期待ください。



※1 自社ECサイト販売分も含む ※2 日本ABC協会雑誌発行社レポート2021年下半期(7~12月)より ※3 前年同期比(2020年7~12月)
データは、日本ABC協会雑誌発行社レポート2021年下半期(7~12月)より。日本ABC協会が発表する部数は、発行部数ではなく実際に売れた実売部数です。



(問)宝島社 tjad@takarajimasha.co.jp